銀路画報 ギンロガホウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 多摩川台、東横電車の走る風景

<<   作成日時 : 2013/02/21 09:55   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

関連記事:東横電車7000形 
http://59336678.at.webry.info/201302/article_1.html

上の記事にちなんで描いた、鉄探部の住む「架空の東京:多摩川台」の風景。向かって来る左側のステンレスカーが東横電車、右側の小ぶりな旧型が玉川電車。この先でふた手に分かれて東横電車は多摩川を渡り横浜方面へ、玉川電車は多摩川に沿う形で蒲田に至る。東横のステンレスカーは軽やかに坂を駆け下り、片や玉川の旧式はパンタグラフを振りながらゆっくりと下りてくる。

作画のヒントは、かつて見た「多摩川園の東急電車」に遡る。最新鋭の急行に日比谷線直通、古豪3450や海坊主……シャープで俊敏な銀色の東横線と、緑色で短い編成の古い目蒲線。あらゆるカタチの電車が引切りなし行き交い、並んで走るさまは対照的で面白く、いまでも鮮やかに思い出す事ができる鉄道風景だ。

画像













PIXIV:架空鉄道:多摩川台、東横電車の走る風景
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=33730192

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
多摩川台、東横電車の走る風景 銀路画報 ギンロガホウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる